インラインスケート 初心者のための入門講座 大東パイロンズ
   プロテクター編
インラインスケート入門TOPページヘ  インラインスケートをする時は始業点検を忘れずに--プロテクターは必ず着けましょう。

 上にも書いてますけど、プロテクターは絶対に必要です。インラインスケートでは、どんなに上手な人でも絶対に転ぶと思ってください (正しい転び方は練習メニューに詳しく書きますpxxq)。

 で、プロテクターを着けていると何がいいのか?転んでもケガをしにくいです。当たり前ですけど、ここが重要なんです。

 例えば。。。普通に歩いてて何かにつまずいたとすると、まず手のひらが前にでませんか?でっ、つかまるものが何もなければ、そのまま地面 にコンニチハ〜で「イテテッ擦りむいちゃったよぉ。」 手のひらと膝を擦りむいてイヤハヤで済みます。

 インラインスケートしてる時に転ぶのは、ほとんどの場合が歩くより速いスピードで滑っている時です。当然つまずいてから転ぶまでのスピードも速いですから、衝撃もそれなりに強いです。

 手のひらや膝を擦りむいた痛みをかばおうと無意識に体をひねったりした後が恐いんです。思いもよらない事故につながることもあります。プロテクターは必ず着けましょう。

 リストガードはプラスチックの方が内側です。ニーパッド(ヒザ)はノッペリしたほうが下にきます。お腹は見ないで下さい( イヤハヤ)。



リストガート エルボーパッド 全身

トップヘ↑


☆最初に読んでね☆

☆練習メニュー☆

☆トピック☆
☆おすすめ☆

 

インラインスケートに限らず、視力が低いと眼鏡やコンタクトレンズを利用することになりますね。

眼鏡だと転んだときに心配だな〜という方。1日あたり100円もかからないコンタクトレンズがあります。

 


インラインスケート初心者のための入門講座