スポーツ保険講座       大東パイロンズ

daito   スポーツ保険編

インラインスケート入門TOPページヘ  インラインスケートをする時は始業点検を忘れずに--プロテクターは必ず着けましょう。

保険について考えてみませんか?

 スポーツ中の事故は無いに越したことはないんですが、人が行き来する公園などではいつ事故が起きるかわかりません。

 子供が起こした事故であっても監督責任で親など保護者の責任が問われることもあるようです。

 

 そこでスポーツ保険について調べてみました。

  「国内外を問わず、レジャー・スポーツ中はもちろん、日常生活における ケガや携行品損害、誤って他人にケガをさせた場合(賠償責任)など、 さまざまなアクシデントを補償できる保険です。」(ホームページより引用)


  スポーツの危険度によって保険料形態が異なります。 危険度の高いスポーツにつきましては個別 に弊社までご照会ください。 (ホームページより引用)

 

  日常のケガやレジャー・スポーツ中の事故など本人や被害者の保障が充実したプランが揃っています。


  5名以上、家族だけの活動ではない、など条件はありますが掛け金はかなり安いです。ある程度の規模で活動するのなら、こちらがお得みたいです。


トップヘ↑


☆最初に読んでね☆

☆練習メニュー☆

☆トピック☆
☆おすすめ☆

 

インラインスケート初心者のための入門講座