インラインスケート 初心者のための入門講座       大東パイロンズ

   歩いてみよう編

インラインスケート入門TOPページヘ   インラインスケートをする時は始業点検を忘れずに -- プロテクターは必ず着けましょう。

 立つことができたら歩きたくなりますよね。人間も動物もみんな同じです。
 では、歩いてみましょう。

 ヤッパリ、コロコロ滑りださないように芝生で練習しましょう。

 1. 手はヒザに置いて、足の先をV字に90°くらい開きます。
   足首を曲げて。。。

 2. 右左どちらかの足を、少し地面から浮かしてみましょう。

 3. フラフラしませんでしたか?
   ウィールの真上に乗るようにしてください。

 4. 今度は反対の足を、少し地面から浮かしてみましょう。

 5. うまくできたら、その場で足踏みをして体重を左右に移す練習をします。

 6. かなり慣れてきましたね。じゃっ上げた足を少し前に出してみましょう。

 7. 足は、真上から真下に下ろします。足の上げ方が低いと前に滑り出します。

 8. 体重を前に出した足に乗せて、反対の足を前に出します。

 9. あとはこの繰り返しでどこへでも行けます(イヤハヤ)。

10. で、慣れてきたら、完全に立って前に歩く練習をします。
   両手は前です。

 コツは足を上から下に真直ぐ降ろすことです。つま先やカカトに重心が片寄ると、そちらに滑り出します。ダンスを覚えるのにも、止まって立つ、滑らないで歩く訓練が必要になりますから、是非マスターしたいですね。

トップヘ↑


☆最初に読んでね☆

☆練習メニュー☆

☆トピック☆
☆おすすめ☆

インラインスケート初心者のための入門講座 アンドリオール