インラインスケート 子供用のための解説 初心者のための講座 

   子供とインラインスケート編

インラインスケート入門TOPページヘ  インラインスケートをする時は始業点検を忘れずに--プロテクターは必ず着けましょう。

 小さな子供(ジュニア)がインラインスケートを楽しむために必要なことを、少し考えてみました。

>>子供用のインラインスケートグッズはコチラ

 一般的に10才程度までの子供は、過度のトレーニングによる疲労蓄積などが原因の怪我は後遺症となるようです。骨はまだ柔らかいため、ある程度の負荷であれば一時的に彎曲するだけで骨折に至るケースは少ないそうです。

 同じスポーツを毎日続けることも、発育に障害が起きやすいみたいです。ここまでトレーニングさせる親御さんはいらっしゃらないと思いますが念のために。

 水分補給を忘れずに

 インラインスケートに限らず、運動をすると必要になるのが 「」 です。医学的には、「のどが渇いた」と感じたときはすでに軽い脱水症状になってるそうです。

 特に夏の炎天下で運動すれば汗による水分の蒸発も早くなり、熱中症に至るケースも出てきます。では、どうやって予防すればいいのでしょう。一つ目は、

 ▼運動前に水を飲ませる。

 単純な答えですが、効果的な方法です。ジュースなど糖分を含む飲み物は浸透圧が高いため血液などに行き渡りにくいので、水かスポーツドリンクをお勧めします。二つ目は、

 ▼こまめに水を飲ませる。

 子供たちは、夢中になると倒れるまで遊ぼうとします。大人が気をつけてあげましょう。また、汗と一緒にナトリウムなど体の中のミネラルも体の外に排出されるので、塩分を含んだ食事やオヤツを少しだけ多めに摂らせましょう。塩分を多く摂りすぎると、逆に脱水症状になってしまいます。

 ▼オシッコの色をみる。

 オシッコの色が濃いと水分不足といえますし、逆に透明に近いと水分は十分に足りているといえます。

 

らくらく上達インラインスケートBOOK

 子供にインラインスケートを教える一番のオススメはこの本でしょう。表紙の「完全保存版」はダテじゃないです。購入してから7年経ちますが、今でも読み返しています。ほんとの初歩から中級まで、分解写真が多くてわかりやすい1冊です。

楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)CD−R&完成品トレーニングキット版 14,800 円

 見る力を育てることで、集中力や頭がよくなるだけでなく運動能力も向上します。これは視力アップのトレーニングですが、野球選手やボクサーなど実施しているスポーツビジョン・トレーニングを取り入れています。

 実際に私も申し込みましたが、もちろん視力向上にも効果があります。申し込み前にメールで質問したところ非常に丁寧な回答を頂きましたので、興味のある方はメールだけでもされてみてはいかがでしょうか。

トップヘ↑


☆最初に読んでね☆

☆練習メニュー☆

☆トピック☆
☆おすすめ☆

インラインスケート初心者のための入門講座