インラインスケート 止り方       大東パイロンズ

   止り方編

インラインスケート入門TOPページヘ  インラインスケートをする時は始業点検を忘れずに--プロテクターは必ず着けましょう。

 インラインスケートは、滑りだしたら止まらないといけません(イヤハヤ)。

インラインスケートのブーツにはブレーキ・システムがついていますが、初心者の人が短距離で止まるのにはちょっとしたコツがいります。

 ずばり、ブレーキ・システムに思いっきり体重をかけます。

【思いっきり】体重をかけるのがミソですから、前足のカカトに乗るような感覚ですね。それで後ろ足はというと、後ろに引くような感じです。

始めのうちは両手を前足の膝辺りに置くと、重心が安定するので止まりやすいです。

 スケートブーツは両足を平行にします。

 前足だけ止まろうとしてるのに後ろ足が変な方向を向いていると、後ろ足だけどこかに行こうとします(イヤハヤ)。で、バランスを崩してブレーキも効かなくなり、「後はブーツに聞いてくれ〜」状態です。

 とにかく止まりたい時に、止まりたい所で、止まれるようにならないと危ないですから、早くマスターしてください。ブレーキを練習するには、軽い傾斜のある坂がオススメです。道がゆるす限り何度でも練習できますから、早くマスターできるはずです。

 

 ブレーキ・システムはいつまで使うのか

 滑って転んで・・・じゃなくて滑って止まれるようになると、滑走スピードも徐々に速くなるはずです。そうなると、ブレーキ・システムを使ってもなかなか止まらなくなります。危ないです。

 この頃はもう軽くターンなんかもできるようになってるでしょうから、そうなったらブレーキ・システムを外しましょう。いつまでも付けてると、次のステップになかなか進めません。

 自転車と同じで、補助輪はいつまでつけてるのか?と同じ考え方です。そこそこ滑れるようになると、ブレーキ・システムが邪魔になってくるんですね。

 だから、早めに外しましょう。

 

 ブレーキ Part2

 おいおい、ブレーキ・システムを外してどうやって止まるんだよ、って声が聞こえてきました。

 次にマスターする止まり方は、スキーのボーゲン止まりです。ブーツを【ハの字】にしてヒザを内股にして止まります。ウイールが減ります(イヤハヤ)けど、安全のためですから、思いっきり止まりましょう。

トップヘ↑


☆最初に読んでね☆

☆練習メニュー☆

☆トピック☆
☆おすすめ☆

 

インラインスケート初心者のための入門講座 アンドリオール